アジア消防長協会

会議結果報告 第24回アジア消防長協会総会(オーストラリア連邦メルボルン市)

2006年8月11日~12日
メルボルンコンベンションセンター


イフカ理事会

防災展テープカット

 第24回アジア消防長協会(イフカ)総会は2006年8月11日(金曜日)、12日(土曜日)の両日、オーストラリア連邦メルボルン市のメルボルンコンベンションセンター(MCC)において、オーストラレイジアン消防機関審議会の第13回総会及び林野火災協同調査センター(CRC)の第3回年次会議との合同で開催された。

 総会開会前日の8月10日(木曜日)の16時30分から、MCC4階「ベラリン4&5」にてイフカ理事会が10ヶ国1地域から12名のイフカ役員の出席により開催され、総会提出議案等の審議が行なわれた。その後、18時00分には、MCC3階の「ユーヤングスホール」において、関口イフカ会長とピーター・エーカーズAFAC会長によるテープカットが行なわれ、本合同総会の併催行事であるAFAC2006国際防災展(The AFAC 2006 Trade Exhibition)が開幕した。


合同総会開会式

関口イフカ会長とホールディング大臣

 翌8月11日(金曜日)8時00分からは、MCC3階の「ジョンバットマンシアター」において、第24回イフカ総会と第13回AFAC総会及び第3回CRC年次会議の合同の開会式が行なわれた。開会式では、AFACのピーター・エーカーズ会長、イフカの関口和重会長、CRCのイーアン・マクドゥーガル議長がそれぞれの団体を代表して挨拶を行なった後、最後に、ビクトリア州警察・緊急業務及び矯正担当大臣のティモシー・ホールディング氏による合同総会の開会宣言が行われた。

 その後、9時10分から、場所をMCC2階「ラトローブシアター」に移し、イフカ総会定例会議を開催し、以下の8議案が審議された。1から4号議案は木挽イフカ事務総長より報告し、すべて原案どおり可決された。また、5号議案については、マレーシア消防救助庁のダト・ハムザ・ビン・アブ・ベーカー長官より、6号議案は、日本国千葉市消防局の飯塚正則予防参事よりそれぞれ提案され、決議された。また7号議案のイフカ役員の改選については、会長は日本国より、副会長は香港、マレーシア、フィリピン、シンガポールから各1名、理事については現職が留任するという事務局(案)が提示され、承認された。終わりに、8号議案において、2008年の次期第25回イフカ総会の開催について審議され、東京都での開催が決定した。

(総会定例会議の議案)
1号議案 第23会計年度(2004~2005)の事業報告について
2号議案 第23会計年度(2004~2005)の決算について
3号議案 第24会計年度(2006~2007)の事業計画について
4号議案 第24会計年度(2006~2007)の収支予算について
5号議案 相互情報交換体制の充実について
6号議案 災害への対応力の強化について
7号議案 役員の改選について
8号議案 第25回総会の開催について


イフカ定例会議

イフカ定例会議

ダト・ハムザ消防救助庁長官(マレーシア)

飯塚予防参事(千葉市消防局)



イフカ消防事情発表

 イフカ総会定例会議終了後、同会場では11時10分よりイフカ消防事情発表の第1部が開催され、フィリピンとブルネイのイフカ代表が発表を行なった。

 翌8月12日(土曜日)は、8時30分よりMCC3階の「ジョンバットマンシアター」において、ロンドン消防局のロイ・ビショップ副局長による基調講演が行なわれた後、11時00分からは、MCC2階「ラトローブシアター」で昨日に引き続き、シンガポールと香港の代表によるイフカ消防事情発表第2部が行われた。また、13時30分からも同会場にてイフカ消防事情発表の第3部が行われ、マレーシアと日本の代表が発表した。

 その後、15時00分から3階「ジョンバットマンシアター」において、オーストラリア連邦警察庁のミック・キールティー長官による閉会講演が行われ、引き続き16時15分より同会場にて合同総会の閉会式が行なわれた。




合同総会閉会式

 閉会式では、ピーター・エーカーズAFAC会長のあいさつの後に、香港消防局のコック・ジンクオン消防局長によって、第24回イフカ総会の成果としてのイフカ宣言が朗読された。その後、関口イフカ会長の閉会あいさつに引き続き、ネイル・ビビー合同総会運営委員長より、2004年の台北市での第23回イフカ総会時より次期開催地へ引き継がれることになった「イフカ記念プレート」が東京消防庁消防総監である関口イフカ会長に手渡された。その後、ジョン・グレディヒル次期AFAC総会運営委員長のあいさつ、CRCのイーアン・マクドゥーガル議長の閉会あいさつ、ネイル・ビビー合同総会運営委員長のあいさつと続き、最後にピーター・エーカーズAFAC会長による合同総会の総括が行なわれ、2日間に渡る合同総会は成功裏に幕を閉じた。

○ 第24回イフカ総会参加状況(開催地発表)
1 総会参加者 1,311名
2 総会参加国及び地域 以下の22ヶ国2地域
(1) イフカ会員が所属する国・地域(13ヶ国2地域)
 オーストラリア連邦、ブルネイ・ダルサーラム国、香港、インド、インドネシア共和国、日本国、大韓民国、クウェート国、マレーシア、モンゴル国、ニュージーランド、パプアニューギニア、フィリピン共和国、シンガポール共和国、台湾
(2) その他(9ヶ国)
 ベルギー王国、カナダ、フィジー諸島共和国、ロシア連邦、ソロモン諸島、スイス連邦、トンガ王国、英国、米国







ページのトップに戻る

本文はここまで。以下ナビゲーションなど