全国消防長会

第39回全国消防職員意見発表会

 平成28年6月9日、大阪市住吉区のハイアットリージェンシー大阪3階「リージェンシーボールルームにおいて、第39回全国消防職員意見発表会を実施しました。発表者は、全国9支部から選び抜かれた10名の消防職員で、職務を通じての体験、業務に対する提言や取り組むべき課題等について発表しました。
 発表内容や表現力について、学識経験者や消防長代表で構成された審査員により厳正な審査が行われました。審査結果などは次のとおりです。

審査員(順不同、敬称略)

 森 一彦 (大阪市立大学年防災教育研究センター長)
 荻原 靖史(産経新聞大阪本社編集局編集委員)
 土田 克行(新潟市消防局長)
 佐藤 正弘(名古屋市消防局長)
 石田 和清(岡山市消防局長)

主審査結果(優秀賞及び入賞は発表順、敬称略)

【最優秀賞】千田 沙緒里(奥州金ケ崎行政事務組合消防本部:岩手)
【優秀賞】 藤川 知大 (志摩広域消防組合消防本部:三重)
      馬場 拓也 (福岡市消防局:福岡)
【入賞】  松崎 裕史 (京都市消防局:京都)
      橋本 宇志 (東大阪市消防局:大阪)
      西山 哲生 (山口市消防本部:山口)
      小山 貴寛 (善通寺市消防本部:香川)
      山崎 光秀 (石狩北部地区消防事務組合消防本部:北海道)
      千田 康介 (東京消防庁:東京)
      池ヶ谷 達輝(静岡市消防局:静岡)  

【最優秀賞】千田 沙緒里(奥州金ケ崎行政事務組合消防本部)
発表テーマ「命をつなぐ救急車ボタン」

         

【優秀賞】藤川 知大(志摩広域消防組合消防本部)
発表テーマ「世界と繋がる安心と安全」

         

【優秀賞】馬場 拓也(福岡市消防局)
発表テーマ「一人でも多くの命を救うために」

         

ページのトップに戻る

本文はここまで。以下ナビゲーションなど